カテゴリー: マンション購入

中古マンションは耐震性を選び

中古マンションを沢山見学していくうちに、投資マンション選びも兼ねていたので築20年ほど経ったマンションは、耐震性が十分に対応していないところもあるため、その点はかなり確認しました。マンションの耐震性は、新しいマンションの方が基準値を満たしていることが多く、中古マンションを選ぶ際には値段だけではなく、耐震性なども考慮して選びました。

 

けっこう駅近くで利便性がよいマンションがありましたが、耐震加工してなく、お値段もそこそこ高かったので、購入せずにいました。やはり耐震加工していない物件は、万が一、地震があった時には、マンションが壊れたり、色々と支障もでてくることを考慮して、しっかりと対処しているマンションを選ぶことにしました。

 

マンションは利便性も大事ですが、耐震性は特に重要になります。最近は自然災害がとても多くなり、日常的に安心して暮らすには、耐震性なども考慮した住まい環境を選ぶ必要があると実感するようになり、中古マンションは特に注意しました。

マンション選びは公共施設重視

メリットの高い投資マンションも兼ねたマンション選びは近くに公共施設があるか、事前にきちんと確認しておきました。市役所は遠くても色々手続きできる市役所分署が近くにあり、図書室なども利用できるため、各種手続きがしやすく、なかなか便利に利用することができます。また、子供がいるので、周辺に公園があるか、遊ぶ場所や児童館、小学校や幼稚園や保育園などの場所はチェックしておきました。学校が遠いと通うのも大変になるため、歩いて何分ほどかかるかきちんと確認しておきました。日常生活がストレスになるのは避けたいと思い、マンション周辺のスーパーなど生活必需品の相場も大切です。物価が高いところは住みにくいので、お手頃価格で商品が購入できるところは安心感があり、充実した価格で購入することができます。地元密着の商店街がマンション近くにあるなど、住む地域によって環境が大きく異なるため、周辺を歩いてみたり、昼間以外の夜なども街灯状況をチェックしたり、雨の日歩いてみるなど色々確認しました。