分譲マンションを購入する際に、気をつけなければならないのは管理組合がしっかりしているかどうかです。

 

というのも買ったマンションの内装自体は自由にいじれるので、建物が古くなってきても内装を新しくすることで快適さを保つことができるのですが、建物の外装や共用部に関しては経年劣化してきて不満が出てきても、自分1人の一存でどうこうできる問題ではなく、管理組合でしっかり話し合って決めることになってくるからです。

 

なので長く快適に使いたいとなったら、管理組合がしっかりと管理費を積み立てて必要な場所にお金を使ってくれないと、内装以外の部分に関してはどうしようもなくなってきてしまうからです。私が購入した兵庫県内の高利回りの投資マンションも管理組合が決め手でした。

 

分譲マンションの中には最初は良かったけれども、外壁がどんどんボロボロになってきても修繕せずにしまいには共用灯が切れても交換などはせず放置したままと言う物件も多いので、自分の買ったマンションがそうならないように買う前に管理組合を意識して考えることが重要です。