中古マンションの購入を検討していた時、内覧の際には現居住者に隣や上下階にどんな人が住んでいるかということと、騒音について確認していました。

 

そしていくつか内覧をしていくうちにわかってきた事がありました。それはある程度年数の経った中古のマンションでは多少の音は聞こえるということでした。又、どういう人が住んでいるかやマンションの構造によって聞こえる音も違うということでした。

 

よく聞いたのは上階の人がトイレを流すと音がするのでわかるという話でした。これはそれほど問題ないと思いましたが、他にもよく聞いていくと上階の子供が襖をバンバン開け閉めして遊ぶので注意しに行った話や夜に隣から楽器の音が聞こえてくる話など色々でした。

 

でもやはり一番困っているパターンは走り回ったり飛び跳ねたりする子供に関する音でした。私もそれは耐えられないかもしれないと思いました。

 

自分の音に対しての許容範囲をわかった上で現居住者に隣や上下階の家族構成や聞こえてくる音について確認することがマンション選びには大事だと思いました。